ゴルフ練習記 #005-006

そろそろ上手くなりたいが、その速さカメの如く。
今回ははじめて人から教えてもらったので、これを実行していけばラウンドデビューだ。


打ちっ放し練習:5回目(150球)

前回と同じくRECを使って練習。
フォームは矯正されていくが、スイングの勢いがなくなるのかボール自体は悪化している。
隣でバシュバシュいい球を打っているおじさんが気になっているのも大きな要因か?空いてるんだからもう少し遠くでやって欲しい。
今回、初めて100球を超えて150球打ったが、2、3日まともに肩に疲労感と鈍痛。あと小指が軽く突き指したみたいに曲げると痛く、ひっかかりもある。ただ、これまで2回皮がむけたこともあって、親指のマメ(水ぶくれ)はなりにくくなった(なってないとはいっていない)。

 

打ちっ放し練習:6回目(100球)

クラブを無料でいただいたKさんに練習状況を話していたら、ちょっと見てみましょうと有り難い申し出を受け、一緒に練習することに。(何から何までありがとうございます!足を向けて眠れないです)
練習の後、用事があるのですぐ帰ってしまったので、余計に何だか申し訳ない。精進します。
教えてもらった甲斐もあって、すこし上達したと思います。指針も出来たのが何より大きい。
今回も左の親指のマメがやぶけ、小指も痛い。肩は張っている感じはするがこれまでよりマシ。

忘れないうちに教わったことをメモ。(順不同)

基本
  • 雑誌に載っていることはあまり参考にしない方がいい。→個人差がある。
  • 気持ちいいスイングを重視=良いスイング
  • 本番のようにウッド→アイアン、アイアン(打ち直し想定)の順にクラブを変えて打つ
    これは、もうすこし上手くなってからでも良い。
  • 一打ずつアドレスをし直す。→連続で打つことは実際ないので。
アドレス
  • 腕とクラブを一直線にした延長線上にボールがあるようにする。
  • クラブによって変えるのは右足(右利きの場合)で、他は基本同じ。
  • 背筋を伸ばす。
  • おしりは腰掛けるように。ちょっと突き出す。
  • クラブは力を抜いて持つ。
スイング
  • 振り子のように力を抜いて左右にブラブラさせる。ビュンビュンいい音が鳴ったらそれが自分にとって良い軌道とスピード。これを体に覚えさせる。調子がわるくなったら実行。
  • 両手にできる三角形を崩さない。正確には崩れるが。→スイングが安定する。
  • 左腕は極力曲げず、つっぱる感じで。→スイングが安定する。
  • 左手が足にするくらい近くを通るように打つ。→スイングが安定する。
  • 頭の位置は動かさない。
  • クラブはずっと力を入れずに持つ。実際は打つ瞬間は力を入れているが意識しないのが吉。
  • ボールはあまり意識しない。
  • 当たりより気持ちよいスイングが出来ているかが重要。→フォームが固まれば自然とボールは当たる。
  • 飛距離や弾道も重要だが、方向性(30度内に入れる)が何より重要。
    →まっすぐ飛べば、いつかはホールアウトできるので。
  • おかしい場合は大概振りが速くなっている。
  • まずはゆっくり振る。飛距離は気にしない。
基本的なことしか教えられないし、人によってスイングは違うので、余程上手い人でないと教えを請うべきではないとも言ってましたが、書き出すと結構な分量になりました。他にもあったような気はしますが。
仮に教えてもらう場合は、同じ人にお願いする。Kさんの経験則ですが、教えてもらう派上達も早いが、教えてもらうのを止めると下手になるのも速く、自分で考えながらやっていくのが良いとのことでした。
が、Kさん、あなた運動神経良すぎて参考になりませんよ。テニスでもめちゃ上手いですし。

少なくとも週一は練習が必要とのことだけど、きついなあ。時間はなんとかなるけど体が。
テニスとゴルフで交互に隔週にするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>